今日の蔵王(2006年11月)
今日の蔵王町のトピックスです。
【11/30】 猫のおもちゃです。
 蔵王町を散歩していると、道端のあちこちで『猫じゃらし』を見かけます。正式には『エノコログサ』と言い、フサフサしている部分が犬の尾に似ていることから、『犬ころ草』が転じてこの呼び名になったということです(HP参考)。俗称『猫じゃらし』とも言うように、実際に猫と遊んでみるとじゃれ合ってきますよ☆
【11/29】 季節を少〜し勘違い。
 蔵王町を流れる「松川」の河川敷で撮った1枚です。 日当たりのよい場所に、季節を勘違いした「たんぽぽ」が数輪、可愛らしいお花を付けていました。ここ数日の雨の影響か、葉っぱは元気がありませんが、黄色いお花はご覧の通り、力強く“しおらしく”感じさせる姿でした。本日のお昼、私の癒しのひと時でした。
【11/28】 白菜の冬支度。
 鍋物に欠かせない食材の「白菜」ですが、真冬や春先にも食べられるように保存する技術があります。結球している外の葉をひもでグルグル巻きにして、@雪の吹き込みを防ぐ、A保温力を高め凍結を防止する・・・人の手でこの様な防寒態勢を作ってあげます。
 自家消費のみの農家では、昔ながらに“稲わら”で丁寧に縛る家庭もあるようです。
【11/27】 『干し柿』の作り方。
 蔵王町の民家の軒先では、『柿』が所々で吊り下げられているのを見かけます。これは、冬によく食べる『干し柿』を作るために、1つ1つ丁寧に皮を剥き、紐に付けて軒先などに吊り下げているんです。今はまだ柿の原型が分かりますが、これからさらに乾燥させていくとどうなるか、逐一お伝えしていきますね。
【11/26】 澄んだ空をご堪能ください。
 毎週日曜日に開催していた「遠刈田温泉朝市」も、今日が今年の最終日でした。「今年1年間ごくろうさんでした」と言うように(?)、公衆浴場の上空を、数機の旅客機が白い雲を作りながら飛び交っていたので、携帯していたカメラで“パシャッ”と撮ってみました。
 澄んだ空気の清涼感をご堪能ください。
【11/25】 冬タイヤの準備は万端ですか?
 日に日に寒さが厳しくなり、朝起きてふとんから出るのがおっくうなってきましたが、今朝も気温がマイナスになるほど冷え込みました。田んぼでは一面に霜が降り、溜まっていた水もパリパリに凍るほどでした。こうなると、そろそろ路面凍結に注意が必要です。車も冬タイヤに衣替えしておくと良いかもしれませんね。
【11/24】 酪農家用の外車です。
 町内の酪農家へ取材に行きました。ここのお宅で活用しているトラクターは、110馬力の外国製の物です。大きいでしょ、タイヤは直径1m30cm位もありました。ちょっと気になってお値段をうがったところ…「新品で大体900万円位かなぁ」と笑って答えてくれました。高級外車のベ○ツやB○Wとも全く遜色ありませんね。
【11/23】 ギャラリー&お食事の店。−2
 さらに、『山ぼうし』のお勧めメニューが「釜めし」です!10月〜3月までは、冬季限定で「牡蠣釜めし」が食べられ、お土産用の釜めしも注文できます。この他にも、そばや生うーめんなどが召し上がれるので、遠刈田温泉へお越しの際は、是非お立ち寄り下さい。
【問合せ】 山ぼうし 0224-34-1180
【11/23】 ギャラリー&お食事の店。−1
 遠刈田温泉にある別荘地「蔵王山水苑」の入り口に、ギャラリー付きの食事処『山ぼうし』があります。
 ここでは、陶芸家・水留良雄氏の作品を常設展示・販売していて、器にはなんとも愛らしい花や鳥などが描かれています。お食事を召し上がりながら楽しめるところがポイントです。
【11/22】 湧き水スポット@
 蔵王町の平沢地区に湧き水を汲める場所があります。ここでは、五箇所で毎分200万gの水が湧いています(平沢水道利用者組合)。水の温度は夏冬かかわらず17℃で、飲んでみるとやわらかい、やさしい感じの水がします。また、ここの水は『長命の水』とも呼ばれているので、長生きしたい方必見です!
【11/21】 秋の恵みの有効利用術。
 標高の高い地区を除く蔵王町内全域の家庭の畑や庭で、たわわに実を付けた柿の木を見ることができますが、どうやら収穫しきれないご家庭も多いようです。
 写真は、柿をスライスして天日干しをしている様子です。これを冬の保存食「たくあん」を漬ける際に入れると、自然の優しい甘みがでます。無駄がないでしょ。
【11/20】 冬の訪れです。
 19日の冷え込みによって、冬にお馴染みの『霜柱』が道路脇の日陰に出来ていました。『霜柱』は、地中の水分が凍ることによってつくられるので、大気中の水分が凍ってできる『霜』とはまったく別の現象となります。寒い冬の朝に、長くできた霜柱の上をサクサク踏みながら歩くのは楽しいですよね☆
【11/19】 う・う・う・寒〜い。
 今朝は毎週恒例の「遠刈田温泉朝市」が開催されましたが・・・とにかく寒かった。この冬(秋?)一番の冷え込みで、朝市で販売用に並べてあった白菜やカリフラワーなども、その葉っぱが凍結しちゃいました。
 「蔵王町観光案内所」の茶色い屋根カサは、氷のツブで真っ白になっています。ヒャッこい(=冷たい)!
【11/18】 遠刈田温泉の記念に1枚。
 遠刈田温泉にある『湯神神社』では、開湯のもとになった有名な伝説「うなぎとカニ」を用いた写真撮影用の看板があります。ちょうどカニの中心に顔を入れるようですね?!また、これと同じ絵柄のスタンプが観光案内所にあるので、遠刈田温泉へ来た記念に、写真撮影とスタンプはいかがでしょうか。
【11/17】 無農薬のハーブ使用。
 一般的にハーブティーは外国産になるそうですが、正真正銘の国産で、しかも蔵王町産のハーブティーを発見しました。これはレモンバーベナという種類で、ハーブティーの女王とも呼ばれているそうです。飲んでみると、確かにレモンの香りがスゴイ!リラックス効果があるとのことなので、その香りに癒されました。
【11/16】 素敵なスポットを発見です!
 ヒンヤリ清涼な空気の中、遠刈田温泉街を約10分歩いたところで、素敵なスポットを見つけました。手前に写っているのはどうや人工池のようですが、ご覧ください、このクリアーな水の透明感と、奥に広がっている思わず寝転がりたくなるような芝生!
 この場所は「遠刈田公園」内にありました。詳細は案内所にお尋ねください。お待ちしていま〜す。
【11/15】 栄養たっぷりです。
 今が収穫時期の『キウイフルーツ』は、とても身体に良い果物だと知っていましたか?なんとビタミン豊富で美肌効果があり、また便秘などにも効くんですって!ただ、収穫後はまだ熟しきっていないので、そんな時はこれからが旬の『りんご』と一緒に置いておくと、熟してやわらかくなります。(←豆知識です◎)
【11/14】 想像できますか?
 大きいもので直径20cmになるこの「物体」は、蔵王町内で大量に栽培された時期もありました。今でも自家用に作付けしている農家がいるそうです。
 すりおろした後に布で絞って抽出したデンプンを固めると・・・いも煮やおでんに欠かせない一品「こんにゃく」はこの様にして作られています。
【11/13】 蔵王の食卓@『うずら豆』
 蔵王町内では豆の収穫整理が始まっていますが、早速、『うずら豆』を甘く煮た物をいただきました。
 水に浸したうずら豆を、水と一緒に弱火で2時間煮たところで(ここからがポイント!)たっぷりの『ゆり根』を投入します。軽く煮て砂糖と塩で味付けをすると、上品な“とろみ”掛かった蔵王の一品が完成です。
【11/12】 イチョウ=銀杏。
 秋には黄色に色付き、街路樹などでお馴染みのイチョウは、漢字に変換すると「銀杏」と書きます(もしくは「公孫樹」)。お気付きかもしれませんが、イチョウの実は茶碗蒸しによく入っている「ギンナン」です。漢字にすると、どちらも同じく「銀杏」と表記するんですね☆ちなみにギンナンの取り扱いには注意して下さい。
【11/11】 大根畑に花が咲く☆
 蔵王町の七日原地区では大根の最盛期を迎えている中で、小妻坂地区の大根畑では、驚くことに大根の花が咲いていました!一般的に大根の花は、日照時間が長い春に花をつけるはずなのですが・・・日が短い今の時期に花が咲くのは本当に珍しいことです。真っ白な大根には、やはり白い花がお似合いですね。
【11/10】 てんこ盛りの杉の皮は何に?
 大量に盛られた杉の木の皮は・・・なんと、土質改良のためブルーベリーの木の根元に撒かれます!実は、ブルーベリーというのが酸性を好むので、この杉の皮を敷くことによって土が酸性に変わり、またプラスαで雑草も生えにくくなるそうです◎これなら、ヒールの靴で来てしまった場合でも農園に入れますね。
【11/9】 今年最後の梨です(デカッ)。
 蔵王町内産で最も遅い時期に食べられる梨「新高」は、サイズがとにかくデカイ!ある生産農家にお話を伺うと、今年最も大きかった物は、1.3kgもあったそうです(ステーキ1.3kgなんて食べられませ〜ん)。
 蔵王町で採れる「新高」は、日陰の涼しい所に保管しておくと、年末まで美味しく食べることができます。
【11/8】 来たれ若人!蔵王町青年会です。
 蔵王町にゆかりのある若者(概ね高校生〜30歳)で構成されている「蔵王町青年会」は、毎週木曜日に集まって、元気いっぱいに活動をしています。ご覧のとおり、チームワークもバッチリ決まっているでしょ!
 仲間を募集しています!詳細は下記連絡先まで。
【連絡先】蔵王町生涯学習課 電話:0224-33-2018
【11/7】 ご機嫌です。オリジナルスリッパ!
 町内に住む「草木染」の名人が染めた生地を使用して、町内にあるスリッパ工場が、オリジナルの「マイ・スリッパ」を作ってくれたんです!超感動ものです。
 桃の葉で染め上げた生地の、なんと上品なこと。
 竹の中敷の履き心地は、とにかく悦楽ものです。
【草木染】とし子工房(電話:0224-33-2717)
【オーダースリッパ】潟Nレオ(電話:0224-33-3537)
【11/6】 畑から伸びる「潜望鏡」。
 蔵王町にある“さといも畑”から、何やら不思議な潜望鏡が伸びているのが見られます。
 蔵王町の特産物の“さといも”は、寒さに弱いデリケートな作物です。来年に植え付けする種芋は、収穫後の畑に掘った穴の中で厳しい冬を越しますが、“呼吸用”にこの様なパイプを刺しておくんですよ。
【11/5】 熟しています◎
 以前の「今日の蔵王」でも少し紹介しましたが、今、蔵王町の民家の軒先では、所々で『柿』が鮮やかに実っています☆右の写真で、1つだけ熟しすぎて色が違う柿がありますが、実はこれも食べることができ、鳥達にも大人気の柿です。そして、この熟した柿をこちらの方では『あんぽんたん』と呼んでいます。
【11/4】 残り2日!
 11月6日(月)から蔵王エコーラインは冬季閉鎖に入ります。ということで、お釜見学や山頂の方へ行けるのも残り2日となりました!山頂付近の紅葉は既に終わってしまいましたが、落葉した木々を見られるのも今のこの時期だけなので、ある意味オススメです。冬の始まりを感じに、山頂へ足を運んでみて下さい。
【11/3】 真っ赤な実がつきました。
 9月から収穫されていた蔵王の梨の季節が終わりに近づき、これからは『りんご』の美味しい季節がやってきます!りんごの種類によって収穫される時期が異なりますが、蔵王町では「りんご狩り」ができる観光果樹園もあるので、真っ赤に実ったりんごを収穫しに、是非遊びに来て下さい☆
【11/2】 遠刈田温泉の源。
 遠刈田温泉街にある共同浴場「寿の湯」の前には、温泉街にとって無くてはならない共同源泉があります。ここでは、なんと毎分1千gを超える70℃近い温泉が湧いています!源泉から湧き出たお湯は、「美鈴寿司」脇のタンクに溜められ、温泉街にある8つの宿泊施設と2つの共同浴場に配給されていくのです。
【11/1】 町のことばA『でな』
 前日にお酒を沢山飲んだ翌日の一言です。
 「ちのう、うっさ帰って酒を飲み過ぎたっけやぁ〜、『でな』っこいでぇんだやぁ〜」
 翻訳をすると、「昨日家に帰ってお酒を飲みすぎたので、、『おでこ』が痛いんだよ」となります。『でな』=『おでこ』のことで、蔵王町内での推定普及率は90%くらいでしょうか(記者調査)。
 Yahoo!天気予報  マピオン天気予報  お釜ウェブカメラ
【バックナンバー】

 2006.10  2006.9
 
Copyright(C)2003 ZAOMACHI All Rights Reserved.