今日の蔵王(2009年6月)
今日の蔵王町のトピックスです。 
【6/30】 職場体験に来ました!
 中田中学校から来ました鈴木博久です。僕は観光
案内所で仕事の大切さとお客さんとの接客をこれから三日間で学びたいと思います。宜しくお願いします
 同じく中田中学校から来ました阿部健太です。僕は仕事のありがたみやお客様への礼儀や態度をこの職場体験で学びたいです。お世話をかけますがよろしくお願いします。(写真左から阿部君、鈴木君です)
【6/29】 修行を始めて1ヶ月。
 「遠刈田こけし」の工人の後継者として女性1人、男性2人が入職して1ヶ月程。7人の工人が日々交替で指導にあたり、電動ろくろを使った木の削り方がスムーズにできるよう、個々のペースで機械を動かしています。“職人に憧れて”と始めた女性は、「指導してくれる工人さんは優しい人ばかり」と。修行は始まったばかり。また、このページで様子をお知らせします。
【6/28】 駅からハイキングin遠刈田温泉。
 今日は、JRの旅行商品「駅からハイキング」が遠刈田温泉で行われました。天候にも恵まれ、晴れわたる初夏の暑さの中、50名という多くの参加者が遠刈田温泉街から七日原の高原地帯へと歩きました。蔵王チーズ工場のバラ園や蔵王ハートランドへ行き、昼食には「レストランえんそう」特製の“たびいち弁当”も大好評でした。参加した皆さん、お疲れ様でした。
【6/27】 「みんな野」オープン2周年!
 蔵王町平沢地区にある産直市場「みんな野」(TEL:0224-33-3915)が、オープンしてから2周年となりました。これを記念した感謝祭が、6/27(土)〜28(日)に開催されます。各日、先着100名様に新鮮野菜のプレゼントがあったり、「うちょう蘭と山野草展」が同日開催されるなど、イベントや限定即売等が盛りだくさんの2日間です。是非、足を運んでみて下さい!
【6/22】 メンテナンス工事のお知らせ
 6月23(火)〜26日(金)まで、当観光協会ホームページのメンテナンス工事を行います。この期間中、「今日の蔵王」の更新を一時中断いたしますので、皆さまにはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承ください。なお、更新は中断しますが、各ページの閲覧はこれまで通り可能ですので、よろしくお願いいたします。 〜蔵王町観光協会職員一同より〜
ホームページメンテナンス中。
(6月23日〜26日まで)

【6/21】 呉服屋でフリーマーケット。
 遠刈田温泉の蔵王通り商店街にある「ファッションショップ OZEKIYA」(TEL 0224-34-2727)では、一般の商品と別に“フリーマーケット”を開催しています。長袖から半袖まで揃っている婦人服の値段は、500円〜2000円ととてもお買い得!また、カップや皿などの雑貨コーナーも並んでいます。このフリマは今年の5月から始めて、皆さんから大好評だそうです。
【6/20】 第2回フォトコン審査会。
 蔵王町内の“自然の風景”をテーマに募集していた「第2回蔵王町観光フォトコンテスト」の審査会を昨日行いました。当観光協会の関係者が百数十点の応募作品を審査し、特選1点、準特選1点、特別賞3点、入選3点、佳作5点を選びました。発表は6月下旬までに直接ご本人様に通知しますので、楽しみにお待ち下さい。また、表彰は7月中に行う予定です。
【6/19】 御釜が見られる時間。
 蔵王山頂にある「御釜」を見学する際、何時位まで見られるかが旅行の行程を組む上で重要でしょう。「蔵王エコーライン」の交通規制がかからない今の時期は、日の入り時間も遅いので18時30分頃でも十分、御釜を確認できる状態です(写真参考)。あとは天候次第ですが、レストハウスの営業が16時30分までなので、この時間までに来ることをお勧めします。
【6/18】 バラを長く楽しむために。
 蔵王チーズ工場の一角にあるバラ園は今が見頃です!既に開ききった花は、雨風で地に落ちてしまうため、バラ園の女性が花を見分けてこまめに剪定します。まだまだ蕾の花もあり、皆さんに長く楽しんでいただけるよう手入れをし、新しい花が咲きやすくしています。このページで良い香りをお伝えできないのは残念ですが、バラ園一帯は癒しの香りが漂っています。
【6/17】 「とおがっちゃん日記」新キャラクター。
 遠刈田温泉のキャラクター“とおがっちゃん”たちが繰り広げる4コマ漫画「とおがっちゃん日記」に新キャラクターが登場しました!レストランのマスターで、とおがっちゃんの幼馴染み“いがっちゃん”のおじさんである“いがっ太郎”です。地元のある方がモデルになっています。この最新作は、観光案内所前の掲示板にて紹介していますので、是非ご覧ください。
【6/16】 湯めぐり手形の新しい札。
 遠刈田・青根・峩々温泉で利用できる『蔵王三湯 湯めぐり手形』(事業主体:遠刈田温泉旅館組合)の一部が新しくなりました。これまで付いていた遠刈田のこけし工人が手描きした“木札”に変わり、「うなぎとかにの伝説」が描かれた木目模様の“札”へと変わりました。木札をコレクションしていた方には残念ですが、紙になった事で持ち運びは便利になりました。
【6/15】 “イワカガミ”が咲きました。
 蔵王連峰の残雪も大分溶けて、いよいよ本格的なトレッキングシーズンがやってきました。実際にトレッキングコースの「聖山平〜股窪」まで登山した方からの情報では、高山植物の“イワカガミ”がこの辺りで咲き始めていました。ピンクの花がとても可憐です。これからの時期、さらに多くの高山植物が出てきますので、随時、情報が入り次第お伝えしていきます。
【6/14】 今年初のカブトムシ捕獲。
 先週のことですが「みやぎ蔵王こけし館」付近で大きなオスのカブトムシを発見しました!今年に入ってから見るのは“初”なので、記念すべき第一号です。カブトムシの活動も始まったということで、季節はもう既に夏なのだと感じます。これからの夜は、明るい外灯などがある場所に集まってくることでしょう。ちなみに、このカブトムシは無事に里親が見つかりました。
【6/13】 『ざおう森の回廊まつり』で乳搾り。
 6月13日(土)〜14日(日)は遠刈田公園にて『ざおう森の回廊まつり』。地域のお店同士のつながりでできたイベントで“私の好きな蔵王を見つける食の旅”がテーマ。蔵王プロヴァンスファームからは乳牛1頭がゲストで登場。乳搾り体験ができました。毎月開催で、7月は11日(土)〜12日(日)に蔵王町円田地区の「丸実屋」にて。【問合せ:丸実屋0422-33-2303】
【6/12】 悪臭漂うコンニャクの花。
 おでん等でよく食すコンニャクは、コンニャク芋を原料に作ります。※2006.11.14「今日の蔵王」参照。この芋自体、普段なかなか見られるものではありませんが、さらにコンニャクに花が咲くのを皆さんはご存知でしょうか。少し不気味な形をしていますが、この見た目通り、強い不快な臭いを放ちます。実際に嗅いだ人いわく、鼻が削げ落ちるくらいの悪臭だそうです。
【6/11】 今月の「蔵王サロン」は6月19日。
  『器とお食事の店 山ぼうし』で毎月開催されている「蔵王サロン」からのお知らせです。6月のテーマは<ギター演奏とオカリナの調べ>。演奏曲は、「愛のロマンス」「コーヒールンバ」等などです。参加ご希望の方は、6月15日(月)まで下記問合せへご連絡下さい。 【日時:6月19日(金)午後7時〜】【会費:1,000円】【問合せ:山ぼうし(佐藤)0224-34-1880】
【6/10】 純白の柚子(ゆず)の花。
 冬至の時にお風呂に入れて利用するなど、良い香りを漂わせ、初冬に黄色い実をつける“柚子(ゆず)”は、今が花期の真っ最中。木全体を覆うように咲く純白の花は、花びらが5枚に別れ、とても可憐で清楚なイメージです。町内で柚子の木を植えている多くのご家庭で、このような満開の花が見られることでしょう。これに誘われてハチもブンブン飛び回っていました。
【6/9】 『王様の宴(うたげ)』inろくろまつり。
 イベントが盛りだくさんだった先週末、蔵王町観光協会主催の“食”のイベント『王様の宴』を、6/7開催「ろくろまつり」の会場内で行いました。今回は<蔵王の特産品と蔵王の料理人による味の饗宴(きょうえん)>をテーマに、“蔵王のチーズと蔵王産こんにゃくソーセージのラクロネット風”を200食限定で販売!蔵王の味覚がギュッと詰まった料理を提供しました。
【6/8】 全員甲冑姿で登場!
 6/6・7にあった「大道芸フェスティバルinとおがった」。6日は開催史上初の雨天中止となりましたが、7日は時折小雨が降る中、多くの大道芸人が路上パフォーマンスを行いました。開会セレモニーには宮城県の三浦副知事をはじめ、蔵王町の村上町長や村山議長等が甲冑姿で登場!ゆるキャラとしてお馴染みの“むすび丸”も一緒に整列し、会場を盛り上げました。
【6/7】 盛況の『ろくろまつり』
 本日は、こけし館にてろくろまつりが行われました。昨年までは秋の開催でしたが、今年は大道芸フェスティバルとの同日開催で遠刈田の街は大賑わい!こけし館の館内ではこけし展示の他、ろくろ挽きや手工芸の体験、館外でも食のイベントコーナーがあり、誰もが楽しめました。また、開館25周年を記念して、25cmの遠刈田系こけしの販売も行われました。
【6/6】 桃の生育具合。
 8月から収穫期を迎える蔵王の桃。6月上旬の時点では、縦長の楕円に4cm大まで成長しています。現時点では概ね順調な生育具合といえるでしょう。
 写真では桃の実がたわわに付いていますが…。農家の方は、数回にわたって人為的に実を落とし、最終的には1枝当たり2〜3個にします。今では1回目の摘み取り作業を終えている農家がほとんどです。
【6/5】 こけし工人の修行の場所。
 伝統産業の「遠刈田こけし」ですが、この6月から、町を挙げて後継者の育成に力を入れることになり、その候補者3名への技術指導と応援が始まりました。
 みやぎ蔵王こけし館の敷地内建物を改修して、「遠刈田伝統こけし工人研修所」を開設。こけしを挽(ひ)くための電動のろくろと集塵機が導入され、以後ここが、工人になるための修行の場所となります。
【6/4】 蔵王画廊『小田島昌弘絵画展』。
 遠刈田温泉にある絵の小径「蔵王画廊」で、今日(6/4)から6月30日(火)まで『小田島昌弘絵画展』を開催しています。小田島氏は蔵王町の別荘に住み、河北美術展といった名だたるところで入賞している方です。是非、足を運んでみて下さい。
 【時間】10:00〜17:30 【定休日】火・水曜日 【入館料】250円 【問合せ】蔵王画廊(0224-34-2615)
【6/3】 イノシシから農作物を守るために。
 蔵王町内の各地で、野生のイノシシが畑の農作物を食い荒らすという被害が発生することあります。多くの獣たちと共存する田舎ならではの悩みではありますが、このままだと安心して野菜を作れない!という農家のために、町からイノシシ対策用の機械をレンタルできます。この装置を畑に設置すると、夜に光を放ってイノシシを寄せ付けないという仕掛けです。
【6/2】 お店の軒先にツバメの巣。
 遠刈田温泉街の「蔵王通り」にある『菅井商店』は、こけしやお菓子など多種多様な商品を取り扱っているお土産さんです。ここの軒先に、一匹のツバメが巣を作っていました。去年から住み着き始めたのですが、その巣は壊れてしまい、今年は場所を少し変えて新しく巣を作ったそうです(店主談)。まだヒナはかえっていないようなので、ツバメも巣に付きっ切りでした。
【6/1】 蔵王町観光協会新職員。
 今日から蔵王町観光協会に新しい職員が“2名”加わりました。今後もどうぞよろしくお願いします!
 また、これに併せて、事務所の机の配置も一新し、観光案内所の態勢も随時2名以上の職員がついてお客様をお出迎えしたり、電話での問合せに対応していきます。なお、事務所内は変わりましたが、観光案内の窓口はこれまでと一緒なので、ご安心ください。
 Yahoo!天気予報  マピオン天気予報  御釜(おかま)ウェブカメラ
【バックナンバー】
 ●2009.5   ●2009.4   ●2009.3 
 ●2009.2   ●2009.1   ●2008.12  ●
2008.11  2008.10
 ●2008.9   ●
2008.8   ●2008.7   ●2008.6   ●2008.5

 2008.4   ●2008.3   2008.2   ●2008.1    2007.12
 ●
2007.11  ●2007.10  2007.9   ●2007.8   ●2007.7
 2007.6   ●2007.5   ●2007.4   ●2007.3   ●2007.2
 ●
2007.1   ●2006.12  ●
2006.11  2006.10  2006.9
Copyright(C)2003 ZAOMACHI All Rights Reserved.