今日の蔵王(2009年11月)
今日の蔵王町のトピックスです。 
【11/30】 “お歳暮”出荷中。
 明日から12月にかわり、早いもので2009年最後の月になります。大掃除や年越しの準備などで忙しい時期となりますが、この年の暮れに、お世話になった方々へ送るのが“お歳暮”です。デパートなどではお歳暮商戦が活発なようですが、蔵王町の果樹農家もそのお歳暮の出荷で大忙しの日々を迎えています。
※取材協力:佐周果樹園 TEL:0224-33-3532
【11/29】 ソーセージとボジョレーヌーボー。
 毎年11月の第3木曜日に解禁されるボジョレーヌーボーですが、日本では時差の関係でどの国よりも早く出回ります。つい先日、今年も解禁されましたが、遠刈田温泉にある「レストランベルツ」では、そのボジョレーヌーボーを取り扱っています。ドイツの国際コンテストで金賞を受賞した手作りソーセージと一緒に嗜んでみてはいかがでしょうか。【TEL】0224-34-2001
【11/28】 今年最後の直売市。
 遠刈田温泉街(神の湯前広場)で毎週日曜日に行われている「朝市」は、明日(11/29)が今年最後の開催となります。また、蔵王町ふるさと文化会館(ございんホール)特設会場で毎週土日・祝日に行われていた「ございん市」も、今回の土日で今年は終了となります。蔵王町で獲れた旬の農産物などが手に入る最後のチャンスなので、足を運んでみて下さい。
【11/27】 蔵王の「らーめん家」
 そば処で人気の「賛久庵」の隣に「丸信ラーメン」が併設してありましたが、この度、店名が一新して蔵王の「らーめん家」と変わりました!ラーメン自体はこれまでと同じで、自慢のチャーシューなどは以前と全く変わりはありません。午前11時から午後7時半オーダーストップで、年中無休で営業しています。是非、ご賞味ください。 【お問合せ】 0224-34-2002
【11/26】 柚子が実りました。
 梨やリンゴ、柿や栗といった“実りの秋”が過ぎ、冬へと移り変わるこの時期は「柚子(ユズ)」が収穫の頃を迎えます。柑橘類の中では耐寒性が強く、あまり手を掛けなくても育つのが特徴です。料理の薬味として使うのはもちろんですが、12月の「冬至」の時に入る“柚子湯”として皆さんもお風呂に入れることが多いでしょう。なにより、その香りがとても良いですよね。
【11/25】 「甘ったれんな!!うどん」新発売。
 テレビで紹介された大人気商品「甘ったれうどん」に引き続き、この度、新商品「甘ったれんな!!うどん」が発売されました。こちらの商品は、チョッピリ辛いごまだれに、茹でたうどんをつけていただきます。ツルツルした麺が、ごまだれによく絡んでとっても美味しくいただきました。皆様も是非召し上がってみて下さい!
【お問合せ】 高野本店 0224-32-2206
【11/24】 天井にぶら下がっていたのは。
 農家などをやっていると、多くの家で自宅の他に“作業場”を持っていることがあります。その作業場の天井に、なにやら黒い物体がくっ付いているのを先日見つけました。目を凝らしてよく観察してみると、それはなんと野生の「コウモリ(蝙蝠)」だったんです!飛んでいるところを見たことはありましたが、本当に足をうまく使ってぶら下がっているものなんですね〜。
【11/23】 臨時休館中です。
 重要文化財に指定されている蔵王町曲竹地区の「我妻家住宅」ですが、先月から保存修理工事に入っています。そのため、これまでは毎週日曜日に開放されていましたが、来年の7月31日(予定)まで臨時休館となります。この期間中は、敷地内への立ち入りや外観の見学も出来ませんので、予めご了承下さい。 【お問合せ】蔵王町教育委員会 0224-33-3008
【11/22】 冷え込みました。
 今朝の冷え込みは一段と厳しく、水たまりになっている所は氷が張っていました。また、霜が降りて一面白くなっていたり、霜柱も見られました。昨年を振り返ると、この時期には既に雪が降っていたので、そろそろ初雪もあり得るかもしれません。さらに、凍結のおそれもありますので、遠刈田温泉へお越しの方はそろそろ車のタイヤ交換も念頭に置いていて下さい。
【11/21】 地域の方々をご招待。
 去る11/17(火)、遠刈田温泉にある「温泉山荘だいこんの花」で“収穫祭”が行われました。3回目となる今年は、遠刈田周辺の地域住民を宿へご招待!普段はできない館内の見学や入浴、また“カボチャのフォンデュ”といった名物料理を振舞い、約90名の来場がありました。お宿の方いわく「今後とも地域の皆様に愛される宿作りに努力いたします」との事です。
【11/20】 白鳥が飛来してきています。
 蔵王町宮地区を流れる一級河川「白石川」の松ヶ丘河川公園は、冬になると白鳥の飛来地として有名な所です。蔵王連峰も白く染まり、日に日に寒さも厳しくなってきました。白鳥たちも冬の訪れを感じてか、少しずつ白石川へ飛来してきているようです。一昨日の確認では、まだまだ数羽しかいませんが、これから徐々に増えて多くの白鳥が見られることでしょう。
【11/19】 蔵王連峰の雪化粧。
 11月3日の初冠雪以降、蔵王連峰に積もった雪は徐々に溶けてなくなっていましたが、今週中に降った冷たい雨が山の方では雪だったようで、私達の前に姿を現した蔵王連峰は山頂付近が白く染まっていました。この雪化粧の様子を見ると、季節はもう冬なのだと実感します。来月初旬にはスキー場もオープンするので、さらに多くの雪が積もることを期待します。
【11/18】 ペット用品も充実しています。
 昨日に引き続き、蔵王町観光協会の新規会員「ペンションたんぽぽ」についてご紹介します。
 天然温泉付きのお宿は、ペットと一緒に宿泊が出来ます。館内にはペット用品が一通り揃っていて、おやつやトイレシートなどを自由に使えます。宿泊料金は、小型〜中型犬までは1匹2,000円、大型犬は1匹3,000円です。愛犬と一緒に楽しくお泊りしましょう。
【11/17】 ボトルワイン1本プレゼント!
 蔵王町観光協会の会員に新しく遠刈田温泉の「美味しい料理と美肌の温泉 ペンションたんぽぽ」が加わりました。今回の入会を記念して、お宿では11月末日までキャンペーンを開催。なんと!宿泊をしたお客様にボトルワイン1本をプレゼントします!予約を入れる際に、「蔵王町観光協会ホームページを見た」と一言お願いします。 【お問合せ】0224-34-3123
【11/16】 素材募集〆切まで残り2週間。
 我が町の良さを知ってもらうために、当観光協会専門部会の一つ“誘客宣伝部会”では観光DVDの制作に着手しています。そのDVDに利用する画像等々の素材を9月から募集しており、今月末が〆切日です。蔵王町を紹介する上で「この写真や資料をDVDに入れてほしい!」など、無償で素材をご提供いただける方はご連絡下さい。ご協力よろしくお願いします。
【11/15】 虹が出ました。
 青空が広がった本日の朝、日曜日ということもあり清々しい気持ちで休日の朝を過ごした方も多いことでしょう。ただし、蔵王連峰には雲がかかっており、その姿を見ることは出来ませんでした。かわりに、いつもなら見える刈田岳の方向に“虹”が現れました。遠刈田温泉付近はお天気雨も降っており、それで見えたのでしょう。※撮影:平成21年11月15日8時30分頃
【11/14】 ドブガイを見つけました。
 田畑などに使用する農業用の溜め池で「ドブガイ」を見つけました。他の呼び名では“かだけ”と言われることもあります。比較する対象物が周りにないので分かりづらいかもしれませんが、一般的に10cm位はある大きな貝です。中には20cm位になるものもあるのだとか。ここまで大きいと食べ応えはありそうですが、ドブの中にいるので食用するのは厳しいですね。
【11/13】 「パンドラの匣」前売券販売中。
 宮城県(南三陸町・登米市)オールロケの太宰治生誕100年記念映画「パンドラの」の上映会が県内各地で開催されています。蔵王町では11月15日(日)14時から蔵王町ふるさと文化会館(ございんホール)で上映します。各地区公民館や当観光案内所でも前売券(1,000円)を販売していますので、お早めにお買い求め下さい。なお、当日券は大人1,500円です。
【11/12】 「仙台真田氏ゆかりの地」
 過日、開催された蔵王町ふるさとの歴史講演会「仙台真田氏の誕生」は大勢のお客様においでいただき盛況のうちに終了しました。まさか、仙台真田氏の領地が、我が蔵王町にあったとは驚きですよね!講演会は終了してしまいましたが、ふるさと文化会館展示室にて、11/23まで仙台真田氏の歴史をパネルでわかりやすく解説した文化財展を開催しています。
【11/11】 遠刈田温泉周辺の色づき。
 蔵王エコーラインの紅葉も終わり、今は山麓の遠刈田温泉周辺が良い色づきを見せています。昨年の『今日の蔵王(2008.11)』でご紹介した撮影ポイント(松川沿い)から紅葉状況を写しましたが、掲載した日付を確認すると時期がほとんど一緒でした。蔵王連峰は約10日も早く紅葉の見頃を迎えましたが、遠刈田温泉周辺の里山全体は例年通りのようです。
【11/10】 「とおがっちゃん日記Vol.14」
 遠刈田温泉のキャラクター“とおがっちゃん”とその幼馴染“いがっちゃん”たちが繰り広げる4コマ漫画「とおがっちゃん日記」の最新号が出ました。毎月、その季節や旬なイベントと組み合わせながら描かれている漫画は、今回でVol.14となります。『足湯』と『木枯らし』と題してどのようにストーリーは展開されるのか!?観光案内所前にある掲示板で掲載中です。
【11/9】 当選者を大根掘りへご招待。
 11/8の午前中、遠刈田温泉旅館組合が主催している「蔵王三湯 湯めぐり手形」キャンペーンが行われました。今回は、これまでの湯めぐり手形キャンペーンの際に応募券を記入していたお客様の中から71名を“大根掘り”へご招待しました。会場となったトスネット元気荘の大根畑には、45名前後の当選者が訪れ、ビニール袋いっぱいに蔵王高原大根を詰めました。
【11/8】 蔵王 秋のパンジーまつり。
 蔵王町矢附地区にある「グリーンアトリエひらきゅう」の売店ハウスで昨日『蔵王 秋のパンジーまつり』が行われました。今日も9時〜16時まで開催されており、100種類のパンジー・ビオラの生産直売をします。他にも、ハーブ苗や農産物の直売や、「蔵王食工房アトリエデリス」佐々木シェフによるハーブつくねやコロッケの出張販売もあります。是非お楽しみ下さい。
【11/7】 ブルーベリーの紅葉も終盤。
 遠刈田温泉七日原地区にある「蔵王ブルーベリーファーム」では、広大なブルーベリー畑があり、夏に摘み取りをしたその木々は秋になると真っ赤に紅葉します。今は既に見頃のピークが終了して散り始めの状態ですが、燃えるように色づいた木々の葉はとても鮮やかです。また、七日原全体の里山等も紅葉しているので、高原地帯をドライブするのも良いでしょう。
【11/6】 11/7(土)は呑んべん駄ラリ〜。
 今年度、遠刈田温泉街で定期的に開催されている「呑んべん駄ラリ〜」が、明日(11/7)の土曜日に行われます。今回は、16の参加店と10の温泉施設で利用可能です。この中から好きな所を3軒まわって、チケットは2,000円。各参加施設と観光案内所で販売しています。お店によっては日中から営業している所もあるので、観光・宿泊問わず、誰でも参加できます。
【11/5】 今シーズンの紅葉は終了。
 例年よりも10日くらい早く始まった「蔵王エコーライン」の紅葉は、先週まで見頃だった大鳥居から滝見台の間もついに落葉が始まりました。風に吹かれて舞い散る葉っぱや落ち葉を見ると、秋から冬へと季節が移り変わっているのだと感じます。既に滝見台から山頂にかけては冬支度に入っており、今年の蔵王の紅葉シーズンも、いよいよこれで終了のようです。
【11/4】 蔵王初冠雪!
 今日は行楽日和の青空が広がり、11/3に初冠雪が確認された蔵王連峰もハッキリとその姿を現しました。写真のように、刈田岳や熊野岳付近が白く雪化粧したのがよく分かります。天候は良くても、まだ雪の影響で蔵王エコーラインは終日通行止めになりました。気温は平年並みに戻ったので、積雪や凍結が解消されれば明日の通行も可能かもしれません。 
【11/3】 今シーズンの初雪。
 昨日の午後から寒波の影響で、蔵王連峰には今シーズン初の雪が降りました。標高1100mにある「すみかわスノーパーク」のゲレンデも写真のように雪で真っ白に(撮影:11/2)。今日も引き続き蔵王エコーラインは終日通行止めの状態です。また、御釜へ行く蔵王ハイラインも、この通行止めを以ってそのまま冬季閉鎖に入ります。御釜見学は来年までお預けです。
【11/2】 チーズフェアで“おやき”販売。
 昨日、蔵王酪農センターチーズ工場で行われた「チーズフェア」で『蔵王町食の研究会』が“おやき”を販売しました。“おやき”は、米粉・小麦粉・片栗粉などで作ったモチモチした皮に、地元の大根・高菜(塩漬け)に肉を加えて焼いたものです。1個150円で販売し、大好評でした。また、会場もライブステージや農産物直売、フリマといった各種催し物で賑わいました。
【11/1】 新型インフルエンザ対策。
 日本各地で“新型インフルエンザ”が猛威を奮い、予防や対策が騒がれています。遠刈田温泉の温泉付き別荘「蔵王山水苑」では、皆さんが気になる『新型インフルエンザ対策』に関する講演会を開催しますので、興味のある方は是非足を運んでみて下さい。
【日時】11月7日(土)14時〜 【場所】蔵王山水苑「ひぐらしの館」 【講師】元自衛官 小暮文夫氏
 Yahoo!天気予報  マピオン天気予報  御釜(おかま)ウェブカメラ
【バックナンバー】
 ●2009.10  ●2009.9    ●2009.8
 ●2009.7   ●2009.6    ●2009.5   ●2009.4   ●2009.3 
 ●2009.2   ●2009.1   ●2008.12  ●
2008.11  2008.10
 ●2008.9   ●
2008.8   ●2008.7   ●2008.6   ●2008.5

 2008.4   ●2008.3   2008.2   ●2008.1    2007.12
 ●
2007.11  ●2007.10  2007.9   ●2007.8   ●2007.7
 2007.6   ●2007.5   ●2007.4   ●2007.3   ●2007.2
 ●
2007.1   ●2006.12  ●
2006.11  2006.10  2006.9
Copyright(C)2003 ZAOMACHI All Rights Reserved.